キャッシングの借り換え審査は銀行がおすすめ

消費者金融のキャッシングを利用していて、それの借り換えをすべく、新たな融資元を探している方が増加しています。

キャッシングは消費者金融のものも便利ですが、やはり金利はやや高めに設定されていることが多いものです。

最近では低い金利設定のところも大手を中心に目立ってきていますが、それらはほぼすべて下限金利の話であり、多くの人が適用されるであろう上限金利は相変わらず18%前後と高い水準で設定されています。

そのため、キャッシングを利用している人は借り換えを検討する余地が大きいといえます。

利息はできるだけ少ないほうが返済がそれだけ楽になりますから、可能な限り安い利息でローン提供しているサービスを利用していきたいものです。その点、銀行のキャッシングサービス(カードローン)はより低金利となっています。

特に重要なのは、下限金利の低さもさることながら上限金利が14%前後に設定されているという点です。要するに、18%で借り入れをしている人が上限14%の銀行カードローンに借り換えができたとしたら、それだけで金利は確実に低くなるということです。銀行ですから信頼性も高く、安心して利用できると言えます。

消費者金融の場合とは違い、銀行は貸金業法の規制が適用されませんので、収入状況、資産状況次第でより多くの金額の融資を受けることも可能です。



人気の銀行カードローンは?

銀行のカードローンでは、人気があるのがみずほ銀行などの銀行系キャッシングですが、ネット銀行系のカードローンも人気になっています。また、借り換えコースを設けてより低い金利設定が可能なじぶん銀行なども人気になっています。キャッシング分の借り換えをするのであればできるだけ金利が低いところを狙いましょう。

申し込み数からの人気という点ではみずほ銀行カードローンがおすすめです。

大手銀行という点で多くの方がみずほ銀行を選んでいます。
mizuho200みずほ銀行は大手銀行の一角をしめる規模がありながら、カードローンの利用は利便性が重視されており、WEB完結申し込みといった、郵送を介さずに申し込み手続きが完了する仕組みも提供しています。審査も早く、利率もカードローンの中ではトップクラスの2%~という低金利設定です。

貸付条件をご確認ください



また、借り換えに積極的という点ではじぶん銀行も選択肢に入ってきます。

jibun900大手銀行の三菱UFJ銀行の系列ネット銀行であり、金利も最低ですと2%を割り込む水準になっています。
また借り換え向けの金利コースが用意されており、他の銀行カードローンよりも一歩踏み込んだ内容となっています。
auユーザーであればさらに金利の優遇があるためauユーザーには人気のカードローンになっています。

貸付条件をご確認ください



以上、キャッシングの借り換えに人気なところををご紹介しましたが、銀行の個人向けローンも非常にバラエティに富んだ内容になってきています。しっかり比較して最適なサービスを選んでいきましょう。
最新の人気カードローンは以下のページが参考になります。

【最新 人気の銀行カードローン】
ginkoubana

キャッシングの借り換えでの注意点

キャッシングの借り換えで注意すべきことは、やはり借り入れ総額です。
??
貸金業法という法律の総量規制という規制があるため、借金が年収の三分の一以上あった場合は消費者金融などから新たな借り入れができません。

金融機関側に融資の禁止を課しているこの取り決めがあるため、上限に引っ掛かる場合は問答無用で断られます。年収と借金総額のバランスをまずは確認してみましょう。

よって、どうしても、キャッシングの金利を低くしたい場合の借り換えの検討は、銀行の個人向け融資、カードローンを検討するのが一番得策だと言えます。
ただし、最近では銀行も総量規制並みの基準を設けて審査しているところが少なくありません。そういう場合は地方銀行など、より規模の小さな銀行でチャレンジしてみるか、当サイトでおすすめしている銀行を中心に検討してみてください。

次に、返済期間がどの程度になるのかということです。

借り換えによって金利は低くはなったけど、その分返済期間も伸びてしまって結局は借り換え前よりも多くの金利を払ってしまうハメになる、、、そういう状況もありえないわけではありません。

もっとも、毎月の支払負担は軽くなるでしょうから、その点に代えがたいメリットを感じている場合は多少返済期間が長くなっても借り換えを選択するのもありだといえます。



キャッシングの借り換え

キャッシングを消費者金融などで借りている場合は、金利の見直しなどを行い、金利負担が高い場合にはより安い金利のところへ借り換えを行いましょう。

特に借り換えでメリットが大きいのは、50万円などの比較的少額のお金を複数機関から借り入れている場合です。

この場合、借入金利は18%あたりに設定されている場合が多く、それらが150万、200万といったまとまった金額になっていれば金利が低くなる可能性はかなり高くなります。

また、中には最高の金利でも10%程度のところもありますから、そういったところから借り入れができれば、金利負担はかなり低くなるでしょう。

どこから借り入れるかは以下のようなサイトを参考にすると良いでしょう。
カードローンの借り換えに最適なのはココ!

審査がありますので絶対に金利が低くなるとはいえませんが、それでも可能性はかなりあるといえます。

クレジットカードのキャッシングの借り換えは?

キャッシングの借り換えというと、カードローンの利用分を借り換えするのと、クレジットカードのキャッシング枠を借り換えするパターンの2つが想定されます。
お金を借りる人にとっては、カードローンもクレジットカードもさほど差があるわけではありませんが、一般的な認識とするならば、キャッシングというとクレジットカードのキャッシングを思い浮かべる人の方が多いかもしれませんね。

通常はどんなクレジットカードでもキャッシング枠を設定することが可能です。
もしもそれまでキャッシングの利用経験がない人であれば、30万円くらいの枠をもらえるはずです。
逆に、キャッシング枠がもらえない人というのは何らかの理由があるはずです。クレジットカードの支払いを複数回もしくは3ヶ月以上に渡って延滞したことがあるとか、何らかのローンを組んでいてその支払いを延滞したことがあるとか、そういったネガティブな理由です。

初めてカードローンやキャッシングを利用する人は知らない人も多いですが、金融機関はそれぞれのローン利用情報を個人情報を専門に収集している機関(個人信用情報機関)に遅滞なく登録し、共有しています。
金融機関とはクレジットカードを発行している信販会社や、カードローンを発行している消費者金融や銀行などのことをいいます。

つまり、どこかでローンなりキャッシングを利用すれば、その情報は個人信用情報機関に登録され、毎月いくら支払っているのか、支払状況はどうかといった内容がわかるようになっています。

もしも、どこかの利用分の支払いを遅延しているとその情報も登録され、他の金融機関が知ることが出来るわけです。

キャッシング枠の利用分をカードローンに借り換えることは可能か?

これは可能です。
借り換えといってもあまり難しく考えることはなく、新たなカードローンを申込んでそこからお金を借り入れ、クレジットカードのキャッシング利用分の返済に充てればOKです。

ちなみに、クレジットカードと違ってカードローンは年会費無料です。もちろん入会金などもありませんから、カードローンの利用を申込んでおいて借り換えのタイミングを図るといったこともできます。クレジットカードは初年度こそ無料というのが一般的ですが、2年目からは2000円前後の年会費をとられるのが一般的ですから、その点ではカードローンの方がお得といえます。
ただし必ず得というわけではありません。カードローンへ借り換えるにはそれなりの注意点があります。

キャッシングの借り換えで注意すべきこと

注意点ですが、やはり利息が安くなるかどうかが1つのポイントになってきます。通常、クレジットカードのキャッシング利用分には年率にして15%~18%の手数料が発生します。

これをカードローンに借り換えるとなると、金利は15%以下のところが最低条件となります。この点で消費者金融はちょっと分が悪いかもしれません。なぜなら消費者金融の場合は限度額が30万円以下での契約からスタートすることが圧倒的に多く、その場合だと金利も最高の18%で設定されるからです。
その点、銀行のカードローンであれば限度額を100万円以上で契約できれば金利は15%以下に抑えることも十分可能になってきます。中には銀行であっても、限度額が低ければ18%近い利率となるケースもありますのでその点は注意してください。
とにかく100万円以上の限度額を希望することが1つのポイントです。

キャッシングの借り換えをするならここがおすすめ

では具体的にどこのカードローンがおすすめかというと、みずほ銀行、じぶん銀行あたりになります。

みずほ銀行は金利が高くでも14%ですから借り換えできればそれだけでお得です。

あと借り換えに積極的なのがじぶん銀行です。こちらは上限金利はオリックス銀行と大差ありませんが借り換えコースを用意しています。借り換えコースを利用するにはauのID登録が必要になっています(au利用ユーザー以外)。

キャッシング借り換えのメリット~住信SBIネット銀行

merit住信SBIネット銀行での借り換えのメリットは、金利の安さにあります。

金利は非常に重要なポイントで、金利を含めたものが総支払い額になります。ネット銀行である住信SBIネット銀行は、店舗を持たない銀行経営をしているので固定費などがあまりかかりません。そのぶん顧客サービスにまわせるので、貸し出し利率も店舗で展開する銀行より安く出来るメリットがあるのです。

ですから現在利用している銀行の金利が住信SBIネット銀行より高い場合は、借り換えを行ったほうが大きなメリットがあります。

ネット銀行ですから、申請するのも店舗に出向く必要はなくてすべてオンラインで出来ます。忙しいなか店舗に出向かなくていいのは大きな利点になります。

そしてネット銀行ですから固定金利でも変動金利でも、店舗を運営する銀行よりは安くなるのでどちらでもいいのですが現在は変動金利がまだかなり有利です。

そして変動金利が上昇してきた場合に固定金利への切り替えをすれば、総支払いに非常に有利になります。

住信SBIネット銀行は、変動金利から固定金利への切り替えの際に手数料をとられたりすることもありません。こういった申込みもネット上で完了出来るので非常に便利で大きな利点です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ