キャッシングの借り換えでの注意点

キャッシングの借り換えで注意すべきことは、やはり借り入れ総額です。
??
貸金業法という法律の総量規制という規制があるため、借金が年収の三分の一以上あった場合は消費者金融などから新たな借り入れができません。

金融機関側に融資の禁止を課しているこの取り決めがあるため、上限に引っ掛かる場合は問答無用で断られます。年収と借金総額のバランスをまずは確認してみましょう。

よって、どうしても、キャッシングの金利を低くしたい場合の借り換えの検討は、銀行の個人向け融資、カードローンを検討するのが一番得策だと言えます。
ただし、最近では銀行も総量規制並みの基準を設けて審査しているところが少なくありません。そういう場合は地方銀行など、より規模の小さな銀行でチャレンジしてみるか、当サイトでおすすめしている銀行を中心に検討してみてください。

次に、返済期間がどの程度になるのかということです。

借り換えによって金利は低くはなったけど、その分返済期間も伸びてしまって結局は借り換え前よりも多くの金利を払ってしまうハメになる、、、そういう状況もありえないわけではありません。

もっとも、毎月の支払負担は軽くなるでしょうから、その点に代えがたいメリットを感じている場合は多少返済期間が長くなっても借り換えを選択するのもありだといえます。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ